Tool

Macで「.htaccess」などの不可視・隠しファイルを表示・非表示する

Tool

「.htaccess」ファイルを編集したいときに、ファインダーを探しても見つからないってことはないでしょうか?
このドットからはじまるファイルは、「不可視ファイル」または「隠しファイル」と呼ばれており、デフォルトの設定では非表示となっています。
このファイルをファインダーでも確認できるように「表示」にしたいと思います。

ターミナルを起動

ターミナルは以下ファインダー内のフォルダに入っていますので開いください。

アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル

隠しファイルの表示

開いたターミナルに以下コマンドを実行してください。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

上記コマンドで行った設定を反映するためにファインダーを一旦終了する必要があります。
以下のコマンドを入力するとファインダーを終了することが出来ます。

$ killall Finder

以上で設定は完了です。
再度ファインダーを立ち上げると隠しファイルは表示されていると思います。

隠しファイルの非表示

次は逆に隠しファイルを非表示にするやり方です。
表示したときと同じ要領で以下コマンドを実行してください。
表示コマンドと異なるポイントは「TRUE」箇所が「FALSE」になっているところです。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

コマンドを実行したらファインダーを終了し、再度立ち上げましょう。

$ killall Finder

隠しファイルの「表示・非表示」は以上となります。
編集が必要な際などに使われてはいかがでしょうか。

あなたにおすすめの記事