WordPress

MW WP Form バリデーションルールを追加しエラーメッセージをカスタマイズする

WordPress

カスタマイズのサンプルコード

以下コードをfunctions.phpに記述してください。

function my_validation_rule( $Validation, $data, $Data ) {
    $Validation->set_rule( 'name', 'required', array( 'message' => 'どれか1つ選択してください' ) );
    $Validation->set_rule( 'name', 'noEmpty', array( 'message' => 'メッセージを入力してください' ) );
    $Validation->set_rule( 'name', 'noEmpty', array( 'message' => 'メールアドレスを入力してください' ) );
    $Validation->set_rule( 'name', 'mail', array( 'message' => '正式な書式で入力してください' ) );
    $Validation->set_rule( 'name', 'noEmpty', array( 'message' => "確認メールアドレスを入力してください" ) );
    $Validation->set_rule( 'name', 'eq', array( 'target' => 'Email','message' => "メールアドレスが一致しません" ) );
    return $Validation;
}
add_filter( 'mwform_validation_mw-wp-form-XXX', 'my_validation_rule', 10, 3 );

上記コードで使われているバリデーションルールを解説

  • required」 必須チェックを行います。値の有無は関係なくPOSTされたかどうかで判定します。
  • noEmpty」 値が空ではない場合にエラーを返します。値が「0」の場合でも許可されます。
  • mail」 値がメールアドレスの形式ではない場合にエラーを返します。@の有無だけの簡易判別なので注意してください。
  • eq」 値が一致していない場合にエラーを返します。

上記コード「name」の箇所には指定したname属性を記述してください。
フック名「mwform_validation_mw-wp-form-xxx」の xxx の部分はフックを適用したいフォームの作成画面に表示されているフォーム識別子の key になります([mwform_formkey key=”3811″] の場合は 3811)。

その他バリデーションルールに関しては本家サイトを参照してください。
MW WP Form バリデーションルール

あなたにおすすめの記事