WordPress

絶対に失敗しないWordPressの移行手順!データベースからファイル一式をバックアップして移行する方法

WordPress

WordPressの引っ越し方法をここでは紹介していきます。
プラグインを使わずとも簡単に移行作業ができますので、是非チャレンジしてみてください。
主にドメインやサーバーを変更するときに使用する方法です。

データベースの新規作成

移行先のレンタルサーバーでデータベースを新規作成してください。
作成方法はレンタルサーバーのコントロールパネルにログインして作成。もしくはMySQLで作成します。

  • WordPressのデータベース名
  • MySQLのユーザー名
  • MySQLのパスワード

任意の名前で上記項目を設定してください。

移行元のWordPress内のファイルをバックアップする

FileZilla(ファイルジラ)などのFTPソフトを使用して、移行元のWordPressファイル一式をバックアップします。
バックアップを取る階層は「 wp-admin 」「 wp-content 」「 wp-includes 」などのフォルダがある階層全てになります。

バックアップしたWordPressファイルを移行先のサーバーにアップロードする

続いてバックアップしたファイル一式を、移行先のサーバーにアップロードします。

wp-config.phpのデータベース情報を書き換え

アップロードしたファイルの「 wp-config.php 」を編集します。
ローカルにダウンロードしたらテキストエディタで開いてください。

/** WordPress のデータベース名 */
define('DB_NAME', 'データベース名');

/** MySQL のユーザー名 */
define('DB_USER', 'ユーザー名');

/** MySQL のパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'パスワード');

/** MySQL のホスト名 (ほとんどの場合変更する必要はありません。) */
define('DB_HOST', 'ホスト名');

「 wp-config.php 」の24行目あたりの上記4項目を編集します。
「 データベース名 」「 ユーザー名 」「 パスワード 」「 ホスト名 」の内容が移行元の情報のままなので、移行先のサーバーで新規作成したデータベースの内容に書き換えます。
編集が完了したらアップロードします。

移行元のデータベースをエクスポート

移行元サーバーの「 phpMyAdmin 」でデータをエクスポートします。
サーバーのコントロールパネルからログインしてください。
エクスポートするデータベースを選択したら、上部メニューの「 エクスポート 」をクリックします。

デフォルトの指定のままで「 実行 」をクリックします。
拡張子に「 sql 」のついたファイルがダウンロードされます。

移行先のデータベースにインポート

移行先サーバーの「 phpMyAdmin 」でデータをインポートします。
インポートするデータベースを選択して、上部の「 インポート 」をクリックします。

インポートするファイルを選択したら「 実行 」をクリックします。

データベースのURLを書き換える

最後にインポートしたデータベースのURLを編集します。
サイドバーでインポートしたデータベースを選択したら、上部メニューの「 SQL 」をクリックします。
エディタが開きますので以下コードを記述してドメインを書き換えます。

UPDATE wp_options SET option_value=REPLACE(option_value,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_posts SET post_content=REPLACE(post_content,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_posts SET guid=REPLACE(guid,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_postmeta SET meta_value=REPLACE(meta_value,"旧ドメイン","新ドメイン");

「 旧ドメイン 」には移行前のドメインを設定し、「 新ドメイン 」には移行後のドメインを設定します。
最後に「 実行 」をクリックします。

以上でWordPressの移行は完了となります。

あなたにおすすめの記事