Tool

OGPをチェック!Facebook・Twitterの設定を確認するサイトを紹介

Tool

Webサイトのページを、FacebookやTwitterでシェアできるようにする場合は、OGPを設定しておいたほうが良いです。
設定をしておくと、シェアしたページの「タイトル」「説明文」「画像」をSNS上で表示することができるので、どのような内容が掲載されているのか分かりやすくなります。
ここではFacebbokとTwitterのチェックツールのリンクを共有します。

Facebook

シェアデバッガー - Facebook for Developers

シェアデバッガー – Facebook for Developers

「Facebookでシェアされた時に使用された情報を見るには、URLを入力してください。」と書いてある枠に、OGPを設定したURLを入力して「デバッグ」をクリックします。
もし設定した情報が反映されていなかったら「もう一度スクレイピング」をクリックしてみてください。
それでも反映されない場合は、OGPの設定内容をご確認ください。

Twitter

Card Validator | Twitter Developers

Card Validator | Twitter Developers

「Enter the URL of the page with the meta tags to validate」と書いてある枠に、OGPを設定したURLを入力して「Preview card」をクリックします。
もし設定した情報が反映されていなかったら「Preview card」をもう一度クリックしてみてください。
それでも反映されない場合は、OGPの設定内容をご確認ください。

あなたにおすすめの記事